記事一覧

ウェブ拍手お返事

組み立て中ですが、ウェブ拍手へお返事を。(どのコメントが誰かわからないので、全員にお返事できてないかも、ゴメンナサイ)

■システムパネルケーブルは、マザーボード側のコネクタに周囲をかこむ壁があるタイプなので、エリアをはみ出して挿すことが出来ないのです。(壁を削れば挿せるけど、美しくない…) 勘違いしやすいかなと思い、日記表記を修正しときました~。

■ファンレスのグラフィックカードですが、なんとケース側面にもファンが付いてました(まっさきに側板を外していたから、気づかなかった)。それのおかげで、真横からも風が当たることになるから、ファン追加しなくてすみそうです。情報ありがとうございました!

■ウェブ版パソトラという感じが出ていたなら嬉しいです(^_^) ぜひ最後までおつきあいを…!!!

■これから組む、週末組むという方々、頑張ってください!!!


昔設置していたパソコン掲示板の常連さんや、同人誌時代の読者さんから多数コメントいただけて、「まだ見てくださってるんだ!」と感激しました。これからもどうかよろしくお願いしますね…!!!!

新パソコン~組み立て日記(4)

■配線(つづき)

その後は大きなトラブルも無く、ドライブをベイにセットして配線。

実はシリアルATAケーブルをいじるのが初めてなので、「かちん!」とイイ音ではまるケーブルにビビッたりしつつ、セット。

HDDとDVDドライブはシリアルATAだけど、OSのDEP版とセット購入したFDDだけはSATAとは行かず、昔懐かしのフラットケーブル。
色が付いている方が1番だと分かっていても、以前は逆挿しのオンパレード。今回もFDD側に1番という刻印が無いため、半分の確率で逆挿しです。
電源オン。
…なんということでしょう!(ビフォーアフター風に)
FDDは「ピッ!」と音をたてて認識したのです! 一発認識、感動!!

HDDなども無事認識。すばらしい!

ファイル 124-1.jpg

HDDを低めに取り付けて、前面ファンの風がグラフィックカードに直接当たるようにした。

ファイル 124-2.jpg

ドライブのベゼルは黒に。青い光が綺麗です。

配線はほとんど終わったので、いよいよOSをインストールする段階に。
ほとんど、というのは、オーディオケーブルを買い忘れたため。
DVDにもマザーボードにも付いてないんだよね…毎回忘れるんだよね…。

これだけのために電車代かけて秋葉原へ行くのもなんだけど、通販の送料もバカらしいし…むー。ついでにとらのあなで夏コミ新刊でも買うか。(出費が増えるだけということに、彼女は気づいていない……)

新パソコン~組み立て日記(3)

■一時間後の追記あり■

「夜にでも」と書いて中断した組み立て日記が、3日後の更新に…。
風邪引いてました。雨続きで気温が急に低くなってしまって…。気温の変化に弱い生き物です。

久しぶりにPC(旧)起動したら、ウェブ拍手のメッセージがたくさん届いていて嬉しかった!!
こういう風に、リアルタイムで感想いただけるのがウェブの強みだなあ。
組み立て日記はリアルタイムの状況を自分メモ風に書いているので、その時点で完成形はまったく読めません。とりあえず起動確認は出来たけど、OSやらドライバでトラブる危険もあるわけで。
リアルタイムでパソトラ~ブログ版~をお楽しみ下さいw


■配線など
ファイル 123-1.jpg

さて、組み立て再開。
起動確認は取れたので、残りのパーツやら配線やらを済ませていく。
が、ここでプチトラブル発生。

ケースに付いてる「システムパネルケーブル(写真)」と、マザーボード側のコネクタの形状が合わない!
どういうことかと言うと、3マス分の幅があるPOWER LEDケーブルなのに、マザーボード側のコネクタは2マス分の幅しか無い。

イラスト 3.png

…という状態。

3マス占領すると隣のケーブルが挿せず、反対側へはみだして挿したくてもコネクタスペース周囲をぐるりとかこむ高い壁があるから、壁のプラスチックを削り取らない限りムリ。
このケーブルは電源状態を示すLEDだから、ケーブル挿さないならライトが付かないだけ。でも電源LEDは点らないと不安になるもの…。

どうしようとネットを検索すると、ケースのマニュアルを発見。
http://www.owltech.co.jp/support/pc_case/PCCG-10Bmanual.pdf
(フルカラー写真満載で、仕様の補足や組み立て方もたくさん書いてあり、なかなか良い出来。なのに、何故ケースに同梱しない。組み立て中にネット見られる環境の人ばかりじゃないはずーーー)

…これを見ると、「コネクタが2マスしか無かったら、ケーブルを真ん中に差し替えて使ってね」とある。
3マススペースの両側(端から番号を振るとして、1と3)にケーブルがはまっているから、それを1と2(もしくは2と3)にケーブル移動させて使え、ということらしい。
差し込むスペースが空いているならその方法で良いけど、今回のマザーボードのように2マス分のスペースしか空いてないなら、そもそも3マス分あるコネクタヘッドが物理的にはまらない。この方法ではダメ。

ただ、この記載を見て、「ケーブルは移動できる」ということに気づく。それなら、他の2マス分のヤツのヘッドと入れ替えてしまえば良いと言うこと。

イラスト 4.png

こういうこと。
入れ替えた別のヘッドは、はみ出して挿せる余りスペースがあるから問題なし。

ヘッドのケーブルは、カッターなどを使ってフック(フラップ)をめくって抜くだけで簡単に外れた。

イラスト 5.png

別のヘッドも外して、付け替えて完了。

抜いた状態はちなみにこんな感じだった。
ファイル 123-2.jpg

入れ替えたことを忘れないように、ラベルを貼っておく。
プチトラブル、たぶんこれで無事回避。面倒だったけど、マザーボードやケースを買うときにいちいちこんなとこまで確認して買わないし。回避方法を勉強出来て良かった。
こうして人は強くなっていきます。(サイヤ人)

(追記)
…と、苦労してケーブルを取り付けましたが、別の箇所をいじろうとしてマザーボードマニュアルを見ていたら、「PWR LED」が全然別の箇所に存在することが判明。
さっき一生懸命いじっていた部分は「(POWERも含めた)MSG LED」だったようで。えーーーーーーーーーーーーーーーー。
基盤みたら、確かに遠く離れたところにPWR LEDが3マスで在りました。あの努力は一体…。
…でもいいんだ、遠く離れた場所だから、ケーブル上手に届かないし…配線周りが綺麗だし、機能には変わりないから(たぶん)これでいいんだ…(超遠い目)