記事一覧

電気料金値上がりのシミュレーション

7月から東電は電気料金が値上げされる。

今日、検針票が入っていたので、
電気料金シミュレーションしてみた。

(ちなみに、使用量は去年同月と比べて同水準だった。
去年は毎月節電頑張りまくっていたので
超えるのはなかなか難しい・・・)

長くなったので、折りたたみます。

続き

・・・・・・・・・・・・
【料金プラン】

そもそも電気料金プランは、
「使用した量によって(従量制)」とか、
「夜安いプラン(昼は働いて家に居ない人向け)」とか、
いろいろある。

我が家は「従量制B」というプラン。
これは、

 120KWhまで約18円、
 121~300kWhまでが約23円、
 301kWh~が約25円

…という料金形態だった。(値上げ前の価格です)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【料金プランの落とし穴】

この従量制プランの人は、
「夜は電気料金が安いんですって!? 充電や洗濯は夜やろう♪」
とか思っても、昼夜関係無いプランなので意味無い。

今ワイドショートかで話題になっている、
深夜~早朝の電気料金が約9円と激安なのは、新しく設置された
「ピークシフトプラン」
というのに変更希望を出して、
料金メーターを替えてもらわないと電気代は安くならない。

しかも、深夜安い分、昼は44円と激高なのが恐ろしいプラン。
「自分の家は、ピークシフトプランにしたらどうなるのかな?」
と思ったら、自分でシミュレイトできるものが
東電サイトにあるので、我が家も今週試してみる予定。

>東電内、ピークシフトプランご案内
http://www.tepco.co.jp/e-rates/individual/menu/home/home06-j.html

・・・・・・・・・・・・・・・・
【電気メーターの数】

我が家は二世帯住宅形式で、電気メーターは1つ。
この、電気メーターの数が、今回の値上げの最大のポイント。

なぜかというと、
今度値上がりする従量制料金では、

 120kWhまで約18円 → 約19円に、
 121~300kWhまでが約23円 → 約26円に、
 301kWh~が約25円 → 約30円に、

…と、300Kwh以上の電気代が
著しく値上げ幅がでかいから。

これなら、電気メーターを2つに分けて、
「お安い300kWhまでの料金」を2回使えた方が、
2つ分の基本使用料を払ってもお得なことになってしまう。
ヒドス。

・・・・・・・・・・・・・・・・・
【具体的な料金】

たとえば夏場、エアコン多用したり、
パソコンを長時間使ったりして、
電気使用量が540kWhだった場合。

1)電気メーターが1つで60A契約の場合
  電気料金14023+基本料金1638円で、合わせて15661円。


2)電気メーター2つにわけて、30A、40Aとして契約して
  30A家が200Kwh、40A家が340kWh使って
  合計は1)と同じで540kWhだった場合、

  30A家の方は電気料金4355円+基本料金819円で5174円、
  40A家の方は電気料金8110円+基本料金1092円で9202円、
  合わせて14376円

電気メーターの数だけで、一ヶ月で約1300円も違う!

この例は、我が家で現実的に有りそうな数字にしたので、
もっと極端な例を作れば、
一ヶ月に2000円以上は変わると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
どうですか、この値上げ。
東電は「電気を節約した分、安くなるように」とか言ってますが、
仕事で使わなきゃいけない場合、
最低限かかる量っていうのがあるので
ホント困ります・・・。

電気メーター2個に増やす家庭が増えちゃうんじゃないかな。
(そういう工事は、約10万円くらいはかかるようですが、
数年で元取れちゃう・・・)

つーか、ボーナス出してる場合じゃないだろ、東電。

…今「東電 ボーナス」でググったら
ブラウザフリーズしたので、かるくビビッタが
大損害株主なので、あえて苦言のせとく。
・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記。
1番極端な例、考えてみた。
600kWh使った場合。

1)電気メーターが1つで60A契約の場合
  電気料金15798円+基本料金1638円で、合わせて17436円。

2)電気メーター2つにわけて、30A・2件契約して
  両方300kWh使って
  合計は1)と同じ600kWhだった場合、

  30A家1件分で、電気料金6927円+基本料金819円で7746円、
  2件分で15492円

やっぱ約2000円違うか・・・。
まあ、30Aで300kWh使うかどうかは謎なんだけど。
ブレーカー落ちてPC切れると死活問題なので。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちなみに、この例(30Ax2件)の例の場合、
これ以上電気を使っても、メーター数1個と2個で
差が広がることはありません。

従量制では、300kWh以上の電気単価が一緒なので、
たとえ月に800kWh使ったとしても、
メーター2個の家も第3料金(1番割高な区分)に突入するからです。